女性と話すのが苦手でも大丈夫!会話が弾む3つのコツ


趣味が「お喋り」といえるくらい、喋ったり会話をしたりするのが好きな女性は多いです。

女性との会話が苦手な男性には、女性と会話をどうすれば楽しめるのか悩む人も多いはず。

でも、ちょっとしたコツや心がけで、会話がスムーズにできるんです。




笑顔とリアクションは基本


相手が家族や友達など慣れている人でも、不機嫌そうな相手との会話は楽しくないものです。


ニコニコしている人には、話しかけやすいですよね。笑顔なだけで、印象も変わってきます。


たとえマスクをしている時でも、笑顔を意識しましょう!

マスク越しでも表情が見えないわけではないですし、思っている以上に雰囲気は感じ取れてしまいます。


そして、相槌や頷きなどのリアクションは大切。


いくら話を聞いていても、それが相手に伝わらなければ、聞いていないのと同じです。

女性と会話を楽しみたいと思うなら、笑顔と聞く姿勢は基本ですね。



共感


女性との会話の基本は「共感」です。


いくら悩んでいそうな内容であっても、答えや意見を求めているわけではなく「そうだよね。分かるよ。」と共感して欲しいだけの場合が多いんです。


アドバイスを求められたり意見を聞かれていないなら、相槌を打ったり続きの話を聞くようにしてみたりして、女性に寄り添うような言葉をかけてあげましょう。


しっかり、話を聞いているのが伝わる姿勢で会話をしてみてくださいね。



話題が見つからない!そんな時は「褒める」「変化を見つける」


褒められたり、変化に気づいたりしてもらえると嬉しい女性は多いです。


でも女性を褒めるが苦手な男性は、特に日本人には多い・・。


女性に気分良くなってもらう為だからといっても、売れっ子ホストのように流暢に褒め言葉を並べる必要はありません。


髪型、アクセサリー、服装、化粧・・変化や気を使っているポイントを見つけられたら、一言「似合ってるね」「可愛いね」などと声をかけるだけでも、嬉しいものです。


それが難しかったら「いつもと雰囲気が違うね」と変化に気づいている言葉だけでも、喜んでくれるはずです。


もちろん、外見だけでなく「表情」「具合」「顔色」「声のトーン」など、ちょっとした様子を気づいてもらえるのも、嬉しく思う女性は多いでしょう。


そんなちょっとしたことを言葉にして、そこからまた会話を続けていくといいですよ。


まとめ


女性との会話を弾ませるコツは、


・笑顔とリアクションを忘れない。 ・意見ではなく「共感」が第一! ・小さな変化を見つけ「褒める」「気づいて声をかける」


女性は、終わる会話をしたいわけでははく、続く会話を楽しむのが好きだと意識して、会話を楽しんでくださいね。